toggle

About Me

Kazuko Matt

イラストレーター マット和子 プロフィール

1965年、福島県生まれ。津田塾大学国際関係学科卒業。
ロンドンでグラフィックデザインとイラストレーションを学ぶ。
イラストレーターとして活動しながら、札幌で2003年から友人と
焼き菓子と雑貨の店「クスクスオーブンプラスホッパーズ」を始める。
ショップカード・DM制作や通信発行を担当。オリジナルの雑貨も制作する。

2012年には絵本を出版、絵本作家としても活動を始める。
2021年春、武蔵野美術大学通信課程卒業。版画コース専攻(木版画)

2021年にはフランスで挿絵を担当した絵本が出版され、活動の場を海外にも広げている。

2児の母。夫はアメリカ人。
趣味は手抜きお菓子作り、および身の回りのあれこれを作ること。
好きな音楽は60s’とテクノ
カエル好き
札幌在住

著書
「カエルさんちのおいしい便り」 2006   フェリシモ出版
「カエルさんちのキッチン便り」1997   立風書房
絵本
「がまばあさん」 2018  ハッピーオウル社
「What is love? あいってなに?」 2016 理論社
「ほっぺおばけ」 2013 アリス館
「かえるのオムライス」 2012 絵本塾出版

facebook:https://www.facebook.com/kazuko.matt

instagram : https://www.instagram.com/kazukomatt/

Kazuko Matt

Kazuko Matt is a Japanese illustrator and children’s picture book author living in Sapporo, Japan. After studying graphic design at London Polytechnic in London, she began her career as an illustrator for magazines and books, working for a variety of publishers. Her current focus is on children’s picture books and printmaking. Due to her great interest in printmaking, she studied woodcut print at Musashino Art University in Tokyo.

Outside Japan, her prints can be seen at the Slow Galerie in Paris. Her first work with a foreign publisher “Diogenes’ Dog in Philonimo series” was published in France in 2021.